ひびき灘開発株式会社

エリア・インフォメーション

エリア・インフォメーション

第116回産学交流サロン(H24.11.22)

第116回産学交流サロン「ひびきのサロン」
〜生産効率をMAXへ!ロボットテクノロジー(RT)技術利用拡大について考える〜

 産業用ロボットが溶接などの用途に導入されて30年以上が経過しましたが
この間の技術的な進歩により、最近では様々な分野に進出しております。

 今回のひびきのサロンでは、ロボットテクノロジー(RT)の利用拡大に焦点を当て、
産業用ロボットの歴史から技術動向、最新の応用例やロボットの導入事例、
RT活用に関する北九州市の取組など盛りだくさんの内容となっています。
 
 本分野に興味をお持ちの方々の参加をお願いすると共に本セミナーが
お役に立てればと祈念しております。

○日 時:平成24年11月22日(木)14:00〜19:00

○場 所:北九州学術研究都市 学術情報センター 遠隔講義室1
     (北九州市若松区ひびきの1番3号)

○主 催:公益財団法人北九州産業学術推進機構

○内 容:
 ・14:00〜14:15 『ごあいさつ』       
  FAISロボット開発支援部 部長 善甫 英治

 ・14:15〜15:15『産業用ロボットの今後』
  楠田インターナショナル 
   代表 楠田 喜宏 氏

  <15:15〜15:30 休憩>

 ・15:30〜16:30『産業用ロボット開発の歴史と技術動向』
  北九州イノベーションギャラリー 
   調査研究室 室長 田中 雅人 氏

 ・16:30〜17:10『溶接・組立の無人生産システムの導入による生産性の向上』
  株式会社ヒロテック 
   ドア事業部 製造部 部長 新見 誠司 氏
         製造部 部付班長 朝枝 良太 氏

 ・17:10〜17:25『ものづくり強化のためのRT等活用に関する北九州市の取組』
  北九州市産業経済局
   企業立地支援課 企画係長 鎌田 靖雄 氏

 ・17:30〜19:00 交流会&フリーディスカッション(軽食、アルコール等)
   参加費:1,000円
   ※ただし、学術研究都市都市ファンクラブ「ひびきの会」会員は無料

【コーディネーター】
 (公財)北九州産業学術推進機構 産学連携統括センター
  ロボット開発支援部 事業化支援担当課長 松崎 一成

○HPはこちら↓
http://www.ksrp.or.jp/fais/iac/news/archives/2012/000937_1016_230513.html

○お申込みはこちら↓
http://www.ksrp.or.jp/fais/iac/project/salon.html

【お問い合わせ】
 (公財)北九州産業学術推進機構 産学連携統括センター 産学連携部
 担当:永冨、西、一田 
 TEL:093-695-3006  FAX:093-695-3018

最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2018 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.