ひびき灘開発株式会社

エリア・インフォメーション

エリア・インフォメーション

第118回産学交流サロン「ひびきのサロン」

デジタル技術の活用によりモノづくり能力を高めていこう
〜製造・生産現場におけるデジタル技術の活用法〜



過去とは比較にならないほど、3次元技術(3Dプリンタなど)が安価かつ
日常的に活用され始め、ものづくりの現場でのデジタル技術の活用が進んでいます。
こうした動きは、サービス業の製造業化、下請け製造業のオリジナル製品の開発など
新しい動きを加速し、ものづくりの担い手のすそ野が大きく広がろうとしています。
このようなトレンドをつかむことにより、市内製造業の設計能力の向上ひいては
企画提案力の向上を支援し、新しい事業創出の支援を行うためのきっかけづくりと
なればと考えております。


○日 時:平成25年3月5日(火)15時〜17時15分 
(実演)一部 14:30〜/ 二部 17:15〜

○場 所:北九州学術研究都市 産学連携センター2階 研修室
     (北九州市若松区ひびきの2番1号)

○主 催:公益財団法人北九州産業学術推進機構

○内 容:          
 ・15:05〜15:50『3次元デジタルデータを活用した元気なモノづくり』
  (有)ニコラデザイン・アンド・テクノロジー 
   代表取締役 水野 操 氏

 ・15:50〜16:35 『デジタル試作で新事業創出〜京都試作ネットの挑戦〜』
  (株)クロスエフェクト 
代表取締役 竹田 正俊 氏 

 ・16:45〜17:15『デジタルエンジニアリング(3Dプリンタ,3Dデジタイザ) の
ツール、設備開放利用について』
  福岡県工業技術センター 機械電子研究所


○HPはこちら↓
http://www.ksrp.or.jp/fais/iac/news/archives/2013/001062_0206_104856.html

○お申込みはこちら↓
https://www.ksrp.or.jp/fais/iac/project/salon/index.php?form=57

【お問い合わせ】
 (公財)北九州産業学術推進機構 産学連携統括センター 産学連携部
 担当:永冨、西、一田 
 TEL:093-695-3006  FAX:093-695-3018


 

最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2018 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.