ひびき灘開発株式会社

エリア・インフォメーション

エリア・インフォメーション

第127回産学交流サロン「ひびきのサロン」(H26.2.28)

労働支援に向けた装着型パワーアシストロボットの最前線

今回のひびきのサロンは、今後、急速に少子高齢化が進むわが国における労働へ
のロボット支援にフォーカスしました。装着型のパワーアシストロボットは、ア
プリケーションに応じて様々なタイプのものが開発され、実用化を迎えようとし
ています。本サロンでは、その開発事例の一端をご紹介するとともに、産業医学
からみたロボット支援のあるべき姿についてもパネルディスカッション方式で検
討していきます。

○日 時:平成26年2月28日(金) 14:00〜19:00
○場 所:北九州学術研究都市 産学連携センター2階 研修室
     (北九州市若松区ひびきの2番1号)
主 催:公益財団法人北九州産業学術推進機構〔FAIS〕 
内 容:
・14:00〜14:50 講演1
 「園芸用ロボット実用化推進事業の報告」
    講師:株式会社三菱総合研究所 戦略コンサルティング本部
 主任研究員 三治 信一朗 氏   
・14:50〜15:40 講演2
  「マッスルスーツに関する取り組み」
    講師:東京理科大学工学部機械工学科 教授 小林 宏 氏
・15:40〜15:50 休憩
・15:50〜16:40 講演3
「軽労化ロボットに関する取り組み」
    講師:北海道大学大学院情報科学研究科 准教授 田中 孝之 氏
・16:40〜17:20 講演4 パネルディスカッション
  「労働サポートとしてのロボットスーツ」  
    講師:産業医科大学産業生態科学研究所人間工学研究
       准教授 泉 博之 氏 他
・17:45〜19:00
   交流会 参加費:1,000円 ※「ひびきの会」会員は無料

○内容詳細はこちら↓
http://www.ksrp.or.jp/fais/iac/news/archives/2014/001539_0127_090000.html

○お申し込みはこちら ↓
https://www.ksrp.or.jp/fais/iac/project/salon/index.php?form=75

【お問い合わせ】
公益財団法人 北九州産業学術推進機構
産学連携部 連携企画担当課 矢永・一田
tel 093-695-3006 fax 093-695-3018


最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2018 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.