ひびき灘開発株式会社

響灘ビオトープだより

響灘ビオトープだより 2013年

響灘ビオトープだより vol.14

暮れも押しせまり、響灘ビオトープのカヤネズミたちも師走の忙しさに目を回す毎日…。…ではなく、忙しそうに回し車で遊ぶ毎日。他の生物たちはというと…、カエルさん、冬眠中… ZZz(-ω-)。o○メダカたち、越冬準備で動きません。これは…まさかっ!! ビオトープから生物が消えた!?…そんな訳はなく、相変わらず園内では、冬鳥たちがカッコイイ姿を見せてくれています!!ハイイロチュウヒに…、タカサゴモズ1↑(冬鳥として日本にも飛来しますが、数は多くありません。北アメリカ大陸北部や、ユーラ...

響灘ビオトープだより vol.13

◆カヤネズミの赤ちゃん◆10月の終わり、少しずつ寒くなってきたころ…。響灘ビオトープで展示中のカヤネズミが2回目の繁殖を迎えました。前回と違い今回は生まれた数が多く、7匹もの赤ちゃんが誕生。展示ケース内も賑やかになりました。産まれて1ヶ月近く経ち、赤ちゃんたちもだいぶ大きくなりましたが、大人に比べるとまだまだ小さくて可愛い。最近では、昼間でも出てきてケース内を走り回る姿が確認できるほど元気!!まだ、オスメスがわからず、名前もなかなか付けれませんが、これからの赤ちゃんたちの成長...

響灘ビオトープだより vol.12

◆祝! 響灘ビオトープ 開園1周年!!◆響灘ビオトープがオープンして、10月6日で1周年を迎えました(祝)!多くのお客様に来園していただき、入園者数は3万人を突破!4万人目のご来園も目前に迫る勢いです!!10月は1周年記念イベントも多数開催し、ますますの賑わいを見せている響灘ビオトープ。1周年記念でお祭りのような賑わいの中、夏休み期間中に開催された「しぜん・いきもの こども絵画コンクール」の表彰式がとり行われました。小学生以下のお子さんを対象に、自然や生き物をテーマにした絵画...

響灘ビオトープだより vol.11

◆カヤネズミの赤ちゃん誕生◆秋風が立ちはじめ、しのぎやすい頃となりました。響灘ビオトープでは、コオロギやキリギリスの美しい音色が聞こえています。昆虫たちがたくさん出てきた今。カヤネズミたちもエサを探して活発的に活動をしています。ネイチャーセンターで飼育しているカヤネズミたちも展示ケースの中で元気いっぱい動き回っています。そんな中、はなちゃん(♀)がカヤの中に巣を作り始めました。もしかしたら妊娠?という期待を胸に、栄養源となるコオロギやバッタ等の昆虫をたくさん入れてあげていると...

響灘ビオトープだより vol.10

夏のワークショップ本当に、本当に暑かった今年の夏休みも、そろそろ終わりに近づいています。響灘ビオトープでは、連日の猛暑で池の水が減少池の中で暮らす生物たちも、この暑さで夏バテ気味!??そんな中、ビオトープに遊びに来てくれる子供たちは、いつも元気いっぱい(^_^)/!たくさんのお子さんたちに、ビオトープで感動を味わっていただきたい!!という思いを込めて、ワークショップを開催しました。ワークショップでは、スターフライヤーさんとの共同企画である絵画コンクールをはじめ、北九州大学の学...

響灘ビオトープだより vol.9

◆ツツイトモ◆(福岡県絶滅危惧?A類)◇希少な藻が見つかった!!侵略的外来種「ジャンボタニシ」の影響で、園内に生息している希少な藻はほとんど食べつくされてしまったと思っておりましたが…。スタッフが必死に探した結果、4種もの希少な藻を確認することができました!その4種の藻がこちら↓↓◆イヌタヌキモ◆(環境省準絶滅危惧)園内で確認している7種の希少な藻の中でも一番希少な藻がこのツツイトモ。◆オトメフラスコモ◆(環境省絶滅危惧?類)食虫植物(ミジンコ等を食べる)。福岡県には結構生息...

響灘ビオトープだより vol.8

ジャンボタニシ駆除侵略的外来種であるジャンボタニシ。大繁殖の季節を迎えました。前回のビオトープだよりに載せていたとおり、本当に卵を水につけると孵化しないのか?の実験を行っていました。現在、水につけておいたジャンボタニシの卵はバラバラになり、今のところ孵化する気配はなし!…とはいえ、池の中にはまだまだ、たくさんのジャンボタニシが繁殖活動を続けています…。響灘ビオトープの大切な藻は食い荒らされ、池がジャンボタニシの卵のピンク色で埋め尽くされる…!そんな危機的な事態を避けるべく、今...

響灘ビオトープだより vol.7

ベッコウトンボ調査国内希少野生動植物種に指定されるベッコウトンボの出現期間は4月中旬から5月末ほどまで。今年の響灘ビオトープでも沢山のベッコウトンボと出会うことができました。そこで、今年より保全を目的にベッコウトンボの調査を行うこととなりました。調査面積は約8ha。調査指導に日本トンボ学会の新海先生を招き、北九州高校魚部・自然ネット・響灘ビオトープ愛好会・野鳥の会・一般市民(5月11日公開調査のみ)の皆様に協力していただき、3回にわたって調査を行いました。4月27日(土)天候...

響灘ビオトープだより vol.6

ビオトープの植樹会園内の幼木を植え替え、響灘ビオトープに森林エリアを作ろう!ということで、3月23日(土)に植樹会を行いました。ホームページ等で参加を募り、一般参加者11名、ビオトープ愛好会と職員合わせて計20名での植樹会となりました。一般参加者の中には小さいお子さんもいらっしゃいましたが、自分で穴を掘り1本の木を植えるという作業に興味を持ち、楽しく参加していただけたようです。全部で50本の幼木を植え替えることができました。参加いただきありがとうございました。ベッコウトンボが...

響灘ビオトープだより vol.5

カヤネズミの衣替え衣替え前衣替え後段々と暖かくなってきた今日この頃、カヤネズミたちにも春の訪れが…。カヤネズミたちは冬毛から夏毛に衣替え中(^^)黒に近いグレー色からオレンジに近い茶色に毛が抜け変わっています。まだ衣替え途中なので、まだらにグレー色の毛も混じっていますが、もう少ししたら綺麗な茶色の毛のカヤネズミを見ることができると思います。是非、見に来てください♪寝ぼけ眼でエサを食べる殿春の訪れで、続々と土の中から出てきた、ネイチャーセンターのカエルたち。冬眠から覚めたばかり...

来園者 20,000人達成!

3月に入りまして、暖かく過ごしやすい日々が増え、響灘ビオトープへも連日多くの方にご来園いただいております。 そして、平成25年3月24日、桂様ご家族のご来園によって20,000人目を達成することができました。 桂様へは20,000人目の記念として、響灘ビオトープに生息している希少種「ベッコウトンボ」の写真をプレゼントさせていただき、一緒に記念撮影をしました。子ども達は少し恥ずかしそうにしていましたが、喜んでいただけたようです。 これからの季節、響灘ビオトープは見所が増え来園者...

響灘ビオトープだより vol.4

*********************************************新しい仲間が増えました♪どちらも性別判断の結果、メスだということがわかりました。元気な赤ちゃんをたくさん産んでね!まるちゃんはなちゃん*********************************************今年もまた恋の季節「春」が近付いてきました。カヤネズミの繁殖期間ももうすぐ。たくさんの可愛い赤ちゃんが生まれることを期待して、カヤネズミたちのカップリング(恋のお手伝...

響灘ビオトープだより vol.3

11月のあたまからカヤネズミのためにカヤを入れていましたが…。全く巣を作ってくれないカヤネズミたち。何か足りないのだろうか?以前よりカヤネズミのことで相談をしていた「東京都恩賜上野動物園」にカヤネズミの勉強に行くことにした。(平成24年12月6日 東京都へ出張に行ってきました)上野動物園の展示ケース(バックヤードからの写真)カヤを4株入れていたが、1株につき1個カヤネズミが巣を作っていた。当園もカヤを入れているのに何が違うのだろう…。カヤネズミ担当の飼育員の方より、カヤが少な...

最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2017 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.