ひびき灘開発株式会社

響灘ビオトープだより

響灘ビオトープだより

響灘ビオトープだより vol.55

◆ベッコウトンボ、初認!!◆

 

響灘ビオトープのシンボル種の1つである、

ベッコウトンボの発生を4月15日(土)に確認しました!

29年4月15日初認.jpg

 ・ベッコウトンボとは...

  環境省絶滅危惧ⅠA※1及び国内希少野生動植物種※2に指定されており、

安定した生息地は日本に5カ所ほどしか確認されていない希少種です。

※1)環境省絶滅危惧ⅠA類 環境省版レッドリストにおいて、

ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高い生物種

※2)国内希少野生動植物種 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律

(種の保存法)により、国内の生息・生育状況が、人為の影響により存続に支障を

来す事情が生じていると判断される種

今年は4月15日(土)の午前に

ベッコウトンボが響灘ビオトープ内で羽化しているのが初認されました。

響灘ビオトープでは4~5月にベッコウトンボの発生ピークを迎えます。

ベッコウトンボ.jpg

日本での主な生息地は5か所しかなく、

なかでも響灘ビオトープは日本で一番個体数が多いとも言われているのです。

毎年行うのが、ベッコウトンボ頭数調査!

(トンボ学会では「匹数」ではなく「頭数」で数えます)

昨年の発生数は最大で414頭と、例年に比べて少なめでしたね☆

今年はベッコウトンボ発生条件である水温の上昇が遅く、

羽化の初認も少し遅めの年となりました。

自然の世界では、必ずしも同じ種が毎年増加するとは限りませんので

今年の調査も、やや少なめ予想です。

そんな中、今年も4月23日(日)にベッコウトンボの頭数調査を決行☆

毎年お世話になっている日本トンボ学会の新海氏や

県立北九州高校の魚部の皆さん、

一般募集のボランティアの皆さんの力をお借りして、調査スタート☆

集合写真.jpg

調査(1).jpg

 

調査(2).jpg

当初の予想通り、今年は発生の遅れも影響して

確認されたベッコウトンボは44頭☆

5月5日(金・祝)にも頭数調査を行いますので、

どれだけ発生数が増えているか期待したいところです!☆☆

また、「第3回ベッコウトンボ祭り」は

4月29日(土)~5月7日(日)の8日間で開催します☆

【5月2日(火)は休園日です】

ご家族やご友人とお誘いあわせのうえ、

絶滅危惧種の生息状況をその目で確認してみてください!!

◆今後のイベント◆

響灘ビオトープだより 春のイベント情報

5月~6月は、人気のイベント盛りだくさんでお待ちしています!!

是非遊びに来てくださいね!!

最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2017 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.