ひびき灘開発株式会社

クリーンHIBIKI通信

クリーンHIBIKI通信 2012年

「クリーンHIBIKI通信」2012年12月号

日明事業所で海上への転落を想定した、緊急事態対応訓練を実施しました。定期的に行って、万が一の事故等に備えています。事業所長の「訓練を開始します」の一声で、蜂の巣をつついた様な慌しさになりました。ライフジャケットを着用し、救命浮き輪、ロープ、担架を素早い動作で用意し、救護にあたりました。模擬救急車も出動。この訓練では心肺停止も想定し,AED(先日、消防署にて講習を受講)も早速活用して、心肺蘇生訓練も実施しました。無事一命をとりとめ病院へ搬送といったシナリオで無事訓練を完了しまし...

「クリーンHIBIKI通信」2012年11月号

皆様、こんにちは。今回の処分場ニュースは先日行った植樹についてご紹介しようと思います。本ホームページでもご紹介しておりますが、弊社は緑化事業に取り組んでおります。自社栽培した木の苗を埋立の終了した土地に植えることでCO2の削減に貢献しています。詳しくはコチラ↓をご覧下さい。http://www.hibikidev.co.jp/develop/green/index.php今回は、現在埋め立てを行っている廃棄物処分場内に職員の手で植樹を行いました。これまでの経験から処分場の環境...

「クリーンHIBIKI通信」2012年10月号

暑かった夏も終わり、涼やかな秋空の下、一年のうちでもっとも清々しい季節となりました。響灘事業所では、ご来場してくださる方に「埋立地の中にも自然を感じていただきたい。」との思いから、事業所周辺に所員の手で植樹を行うとともに、管理棟前の緑地帯に季節の花を植えています。今年は、「若松コスモス街道づくり」が平成23年度で終了したこともあり、コスモス街道を楽しむことができませんが、事業所のコスモスが秋風にそよぎ、所員の心を和ませてくれています。...

「クリーンHIBIKI通信」2012年9月号

 こんにちは、今年の夏も猛暑が続きましたが、今は秋らしくなり、夜には虫の声が聴かれるようになりました。 さて、今月の響灘処分場ニュースです。7月末から8月はじめにかけて事務所横ビオトープの周りに芝生を植えました。今回植えたのは高麗芝という暖地型の芝で競技場の芝生などとして広く利用されている種類です。草が自由に生えていた表土を良質の土砂に置き換えた約500m2の面積に芝生を植えました。猛暑により芝生が定着してくれるかどうか不安でしたが、懸命な水遣りにより元気を取り戻しています。...

「クリーンHIBIKI通信」2012年8月号

皆さんこんにちは。まだまだ暑い日が続いていますね。夏バテはしてないでしょうか?この季節、処分場で作業をしていると、熱中症になってしまうのではないかというほど強い太陽の日差しが照りつけてきます。処分場は広くて、日陰になるようなものはほとんどありません。そんな環境の処分場の花壇には、ヒマワリ、ハマユウ、アサガオたちが強烈な日差しにも負けずに、きれいな花を咲かせています。あまりに花たちが萎れずに元気なので理由を尋ねたところ、響灘事業所の心優しいM氏が毎日欠かさずに水やりをしてくれて...

「クリーンHIBIKI通信」2012年7月号

 響灘事業所内のビオトープは毎年整備を続けていますが、平成24年度の整備計画第1弾として 新しく作ったビオトープの周囲水辺に水生植物である黄菖蒲開花苗42株を植栽しました。  この黄菖蒲は、東部処分場内に自生していたものであり公園化工事で撤去される予定のものを 移設・株分けしたものです。 昨年度は、旧ビオトープ周囲水辺に、白・青・紫・赤・ピンク色の花を咲かせる花菖蒲を植栽しましたので、今年度の新ビオトープの黄菖蒲で、ほぼ全ての花色が揃った事になりました。 開花時期が楽しみです...

「クリーンHIBIKI通信」2012年6月号

日々是好日今回は処分場内での何気ない風景を伝えます。今回は、処分場内でのスナップショットを撮ってみました。廃棄物処分場というと皆さんの印象はどの様なものでしょうか?汚い?臭いがする?埃っぽい?などという印象を持っているのではないかと思います。処分場では、臭いのするもの、埃が立つもの受入れはお断りさせていただいています。場内では様々な重機が動いています。写真の機械はバックホーと呼ばれるもので、毎日元気に働いています。処分場内の事務所横に人工的に作ったのですが、メダカを育てている...

「クリーンHIBIKI通信」2012年5月号

 こんにちは。 去る平成24年4月25日、響灘西部廃棄物処分場にて地元自治会の方々を対象とした「平成24年度 第1回 処分場見学会」を開催しました。(※参加者:男性8名・女性17名の計25名)まずは、処分場内の管理事務所にて、当社の事業内容などを紹介し、引き続き ?処分場の概要について ?処分場内にある設備について ?廃棄物の受け入れ管理について ?処分場の環境対策について ?環境調査報告について、説明を行いました。説明後の質疑応答では、周辺の粉塵などの環境問題について活発な...

「クリーンHIBIKI通信」2012年4月号

オオシマザクラ、2年ぶりに開花!皆さん、こんにちは。  私たちの処分場もすっかりと春めいてきたようで、澄んだ青空を気持ちよさそうに鳥達が漂っている風景を見かけたり、今までにも増して小鳥達のさえずりが響き渡るようになってきました。  ミニビオトープのメダカ達も、昨年よりも多くの姿が元気に水面を泳ぎ回っているようです。  その中でも、最も所員の心を和ませているのが、昨春は花を咲かせることがなかったオオシマザクラが、今春はポツリポツリとそのかわいらしい姿を見せ始めてくれています。(...

「クリーンHIBIKI通信」2012年3月号

1月号で紹介したビオトープに、カモのグループが仲良く散歩している姿を撮る事が出来たので、写真をアップします。このカモグループのほかにも最近では小鳥のさえずりが良く聞こえてきます。姿を見つけられずにいると、事務所前の植栽帯の中からスズメの群れが・・・。暖かくなってきているので、鳥たちも活発に動き始めているようです。植木にも花がちらほら咲き始め、春がすぐそこまで来ているのを感じます。今年は処分場内でどんな生き物に会えるのか楽しみです。...

「クリーンHIBIKI通信」2012年2月号

響灘事業所ではいざという時に備えて、定期的に防災訓練をおこなっています。今回は、12:31に地震が発生し、津波が30分後に処分場に到達するという想定で避難訓練を実施しました。事業所員にはそれぞれ役割分担の班に分かれていて、例えば、現場で作業している人に避難を連絡する班や怪我人が出た時に救護をする班などがあります。地震発生の合図で避難訓練が始まり、各々割り振られた班の仕事をした後、速やかに避難場所へ集合しました。今回は訓練開始から約20分で場内にいる31人全員が避難することがで...

「クリーンHIBIKI通信」2012年1月号

リニューアル前 響灘事業所にある展望台施設の南側にビオトープがあるのですが、「この広い敷地に丸い池が一つあるだけでは何か物足りない…。」ということで、新たに池を増設することになりました。リニューアル後 最初に池を作ったときの反省を生かし、歪な形に作って、一つ目の池と繋げてひょうたん型に。出来上がった時は不自然な感じでしたが、日が経つにつれ草が生え、今では周りに馴染んで自然な感じになっています。 アベリア、ジンチョウゲも周辺に植樹し、今までのビオトープに比べるとかなりレベルアッ...

最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2017 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.