ひびき灘開発株式会社

クリーンHIBIKI通信

クリーンHIBIKI通信 2017年

「クリーンHIBIKI通信」2017年6月号

 皆さん、こんにちは。  北九州地方は6月6日に梅雨入りしました。  しかし、6月7日に12.5ミリの雨が降っただけで、その後は晴れの日が続き、処分場内は乾燥しています。  このため、散水車を1台増車し、計3台の散水車が忙しく動き回っています。  また、暑い夏の盛りに向け、所員の有志が管理棟の緑地にひまわりの苗を植えました。  晴れた日が続いているので、毎日欠かさず苗に水遣りをしています。  元気なひまわりが咲いた際には、またブログで皆様にお知らせいたします。 ...

「クリーンHIBIKI通信」2017年5月号

こんにちは。 5月は新緑も色濃くなり、清々しい日々が続いています。 当社の嵩上げ埋立事業がスタートして5月でちょうど1年が経ちましたが、計画どおり順調に事業が進んでいます。 現在、処分場では梅雨に向けての準備作業を行っており、 ゲリラ豪雨にも対応する9万m3(25メートルプール約300個分)の水が貯水できる大きな調整池を築造中です。 今年はどのくらいの雨量があるのかはわかりませんが、万全の準備を怠らずに事業を進めていきます。 ...

「クリーンHIBIKI通信」2017年4月号

皆さん、こんにちは。 平成29年度が始まり、早くも1ヶ月が経とうとしています。 4月はじめはまだまだ寒さが残っていましたが、中旬頃からは春らしい陽気なりました。 処分場からも春の便りです。 事務所周辺に社員が植樹したオオシマザクラが、海風にも負けず、今年もきれいな花を咲かせました。 さて、西部廃棄物処分場では3号地嵩上げ事業が開始し、まもなく1年を迎えます。 埋立の進行とともに、日々場内の景色も変わりつつあります。 3号地北側の1段目埋立が順調に進行し、現在は、2段目の埋立開...

「クリーンHIBIKI通信」2017年3月号

みなさま。こんにちは。 3月上旬は肌寒い日もありましたが、処分場ではたんぽぽもちらほら咲き始め、ようやく春の訪れを感じるようになってまいりました。 当社はホームページでも紹介しておりますが、緑化事業に取り組んでいます。その一環として、昨年12月に芝生の種子吹き付けを行い、今回は3ヶ月後の生長をお届けいたします。 寒かった冬を乗り越え、定着しているようです。新緑の季節を向えて緑豊かになるのが楽しみです。 ...

「クリーンHIBIKI通信」2017年2月号

こんにちは。 暖冬とはいえ、肌寒い日々が続いていますね。 寒暖の差が大きく、体調管理には十分に気をつけたいものです。 さて、日明事業所(北九州市日明積出基地)では、廃棄物の受入施設であるストックヤードの出入口オーバードア(大型電動シャッター)が経年劣化したためリニューアルしました。 大きさは、縦6m☓横5.3mの電動開閉式となっています。 オーバードアを閉めることで、廃棄物の適切な管理、鳥害対策、台風等の暴風雨対策などが有効に行えます。 今回のリニューアルで、扉の開閉時間も短...

「クリーンHIBIKI通信」2017年1月号

あけましておめでとうございます。 日頃から"クリーンHIBIKI通信"をご愛顧いただきましてありがとうございます。 さて今年も処分場では、日々環境保全対策や環境モニタリングの作業を実施しています。 その一つである、場内の粉じん対策で活躍している散水作業車の給水場を年末に移設改修しました。今回の改修で、旧給水場に比べると給水時間が短縮され、大幅に作業効率が上がりました。 本年も所員一同、地域環境に配慮した取り組みで処分場の管理・運営を行ってまいりますので、どうぞよろしくお願い...

最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2017 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.