ひびき灘開発株式会社

エコタウンセンターだより『エコの風』

エコタウンセンターだより『エコの風』 2009年

「エコの風」vol.26

2009エコタウン10大ニュースを発表します(^^)第1位:次世代エネルギーパークオープン       7月27日展示ルーム完成!       8月からは施設見学もスタート第2位:北九州エコタウン見学者延べ80万人突破      平成10年からの施設見学者の累計第3位:「エコタウン事業者の集い」を開催      21年7月、当社が指定管理者2期目(平成21〜25年度)を受けたの      を機に、あらためてエコタウン企業・次世代エネルギーパーク企業・      北九州市・当社...

「エコの風」vol.25

問.北九州市役所では、1992年に北九州らしいユニークな「係」が誕生しました。  その係とは、次のうちどれでしょう。   ?公害克服係   ?モラル向上係   ?ひまわり係   ?ほたる係問.2009年春に上映された映画「おっぱいバレー」では、「北九州フィルム・コミッション」の支援もあり、北九州市が舞台になっています。何が魅力になったのでしょう。   ?未来を感じさせる近代的な街なみ   ?1979(昭和54)年の雰囲気をもつ魅力ある建造物   ?新しい空港と離発着する航空機...

「エコの風」vol.24

 バイオディーゼル(BDF)燃料で走る自動車は、最近、電気自動車とならび、二酸化炭素の削減効果があるということで新聞・テレビなどで紹介されています。北九州エコタウンにおいては一般家庭から回収された廃食用油からバイオディーゼル燃料を製造しています。 このバイオディーゼル燃料の情報を聞きつけ、先日、山田周生氏が「九州バイオマス発見ツアー!(仮)」と題しテレビクルーとともにエコタウンセンターへ来館されました。 山田周生氏は世界で活躍するフォトジャーナリストで、自前のバイオマスカーで...

「エコの風」vol.23

 先週、私たちスタッフは小倉北区にある「日本資源流通株式会社 北九州市プラスチック資源化センター」へ研修に行ってきました。プラスチック製容器包装ごみ(緑のゴミ袋)が集められるところ、と言ったほうが馴染みあるでしょうか? 北九州市内の一般家庭から出るすべてのプラスチック製容器包装ごみは、この「資源化センター」に集められます。搬入後は、施設内で不適物を手選別!で丁寧に取り除き、取り扱いやすい1m四方のベール状(塊)にして、リサイクル業者に引き渡すということをしています。その後は、...

「エコの風」vol.22

はじめての長門峡 11月15日(日)に、会社の「登山同好会」で山口県の長門峡に行きました。 長門峡は、石英斑岩が川の水に侵食されてできた渓谷で、両岸にそそりたつ断崖絶壁、深淵、滝、奇岩怪石が続く景勝地で、国指定の名勝地及び「日本の自然百選・森林浴の森百選・21世紀に残したい日本の自然100選」にも選ばれています。癒されるアングル 前日まで雨続きで天気が心配でしたが、当日は曇りのちホントに時々晴れという感じでなんとか大丈夫で良かったです。道の駅からスタートし、阿武川沿い約6km...

「エコの風」vol.21

来場者数;4,800人出張!エコタウンセンター in ひびきエコフェスタペットボトル空気砲ゲームコーナー 今週は、10/25に開催した「ひびきエコフェスタ」内の『ふれあいエコ横丁』をご紹介します。ひびきエコフェスタは環境と地域が大きなテーマでしたので、地域の環境に関係する会社や、もちろん「ひびき灘開発」、そして「エコタウンセンター」がブースを出して、ワークショップや処分場の紹介などをしました。エンピツ作り 今回の「出張!エコタウンセンター」では、廃材で作ったゲームやエンピツ作...

「エコの風」vol.20

オープニングの開始宣言 こんにちは(^ ^)「ひびきエコフェスタ」をいかがでしたか? 10月25日(日曜)に「第1回ひびきエコフェスタ」を開催しました。当日は晴天に恵まれ開場前からゲート外に約200人の方にお待ちいただきました。スタッフとして準備でバタバタしてるうちに10時となり、消防音楽隊のファンファーレが鳴り開始宣言でイベントが始まりました♪11:40頃の様子 場内でスゴイ人気だったのは、消防ハシゴ車の試乗会でした。開場から数分で限定50人の整理券配布があっという間に終わ...

「エコの風」vol.19

「北九州エコライフステージ2009」 今年で8回目を迎えるエコライフステージ、エコタウンセンターは、10月17日(土)、18(日)、北九州市役所・リバーウォーク周辺において、今年も「出張!エコタウンセンター byひびき灘開発」でブース出展しました。  年々参加団体が増え、今年はなんと89団体が参加。秋晴れの2日間、各ブースではさまざまな切り口でエコライフの提案をパネル展示やアンケート、ワークショップなどで行っていました。 私たちは、“3Rの実行で環境問題を解決しよう!”をテー...

「エコの風」vol.18

 皆さんはご家庭で“石鹸”を作ったことがありますか? 私たちは今、エコタウンにある福岡大学資源循環環境制御システム研究所(通称“資環研”)が主催している「エコスクール」を受講しています。先日、その第4回授業で「廃食用油から石鹸・BDF作り体験」を行いました。 講師は資環研の竹下先生と九州山口油脂事業協同組合の須藤部長で、最初に4人グループに分かれて廃食用油からBDF燃料(バイオディーゼル燃料)を作りました。 作り方はとっても簡単です。 水酸化ナトリウムと廃食用油を混ぜ、反応を...

「エコの風」vol.17

シャボン玉石けん外観 日中はまだ暑さが続きますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?  先日、環境研修の一環として「シャボン玉石けん株式会社」へ工場見学に行ってきました。 皆さんもご存じのとおり「シャボン玉石けん」は北九州市若松区で石けんやシャンプー、食器洗剤や洗濯洗剤などを作っている企業です。 同社の製品はすべて“無添加”で、肌に優しく、かつ環境に優しい製品です。私は、あまり肌が強くないので無添加石けんには大変興味を持っていました。もちろん、北九州市の環境貢献企業のひとつと...

「エコの風」vol.16

 9月に入ったとたん残暑がきびしくなってきましたね。秋といえば・・・スポーツの秋、芸術の秋、味覚の秋!と言いたいところですが、 今回は学びの秋ということで「北九州市環境首都検定」というものをご存知ですか?? 昨年から始まった北九州市環境局の企画で、改めて北九州市を愛するきっかけづくりに、と始まりました。環境に関する問題に4択で答えていきます。昨年は小学生から80代まで市内市外の方、総勢458名が受験しています。 今年から、入門編(主に小学生向け)と一般編(主に中学生以上大人向...

「エコの風」vol.15

エコタウンセンターの夏休み「中間報告」 こんにちは。今年は、雨の多く夏らしくない天気でしたが、エコタウンセンターには≪こども文化パスポート≫を手に、元気な子供たちがたくさん来館しています。早々クリアしたお友達のスタンプの数々 さっそく全施設を見学し、見事クリアしたお友達がでました!(しかも7月中に達成、すごい!) センターに来られた際、見せていただきました。ありがとう〜♪お父さんお疲れ様でした(^^) ※こども文化パスポート2009利用対象施設・・・55施設(北九州市、下関市...

「エコの風」vol.14

別館に開設された展示コーナー入口『北九州次世代エネルギーパーク』 オープンオープン式典の北橋市長 7月27日(月)、エコタウンセンターにおいて『北九州次世代エネルギーパーク』のオープン式典が開催されました。次世代エネルギーパークはエネルギー、特に太陽光発電や風力発電などの新エネルギーについてより深く理解して頂くために、全国で13地域が経済産業省から承認を受けて展示施設などを設けます。北九州市は響灘地区を中心に新エネルギーだけでなく、多様なエネルギー関連施設が集積しています。そ...

「エコの風」vol.13

 最近、学校から「北九州エコタウン」の見学のまとめとして、子ども達からの感想文やお礼状が続々と届いています。「ごみが増えるとエコタウンのみんなが今よりもっと大変になるので、なるべくごみを捨てないようにします」「お母さんが時々ゴミを分けて入れる時に『どっちだろう?』って言います。その時は私が教えてあげようと思います」「エコなことをするとエコタウンのことを思い出します(^^)」など... 子ども達の学習能力のすごさや素直さ、思いやりの心などが感じられるお手紙で、読むだけで癒され力...

「エコの風」vol.12

 7月3日(金)18時、日頃の行いが良いもので午後から降り出した大雨も止み、「エコタウン及び次世代エネルギーパーク事業者の集い」が若松の名所、旧古河鉱業若松ビルで行われました。 当日は、北九州エコタウンのリサイクル等の工場、実証研究エリア施設、次世代エネルギーパーク事業者、北九州市環境局の方々など、約70名が一堂に会するので数日前からスタッフ一同緊張していました。 会合は立食形式で、リユース皿とリユースカップ、竹割り箸を使い、交流しやすいようにとクールビズ&名札を着用、また正...

「エコの風」vol.11

浮桟橋全景 6月23日、研修の一環として当社響灘事業所の廃棄物処分場へ勉強に行ってきました。ひびき灘の処分場は、主に北九州市の企業から発生する廃棄物を埋め立てている、とても大きな処分場です。この処分場は、廃棄物を適正に埋め立てているだけでなく、雨水を使って道路をきれいにしたり、どんぐりの木を植えたり、環境に配慮した綺麗な処分場です。 私たちは、事業所長からパワーポイントを交えながら、処分場の概要をとても分かりやすく、丁寧に説明して頂きました。研修は1時間半の予定でしたが、私た...

「エコの風」vol.10

 6月14日の日曜日、若松区の高塔山で行われる「若松あじさい祭り」にエコタウンセンターのPRに行ってきました。 「あじさい祭り」は毎年6月の第2、第3日曜日に高塔山で行われている今年11周年を迎えるイベントです。ステージでは、よさこい踊りや楽器の演奏など賑やかな催しがあり、あじさいの苗の販売やスケッチ大会なども行われています。 私たちは頂上にあるメインステージで20分のPRタイムを頂きました。 一昨年PRさせて頂いた際の人出を見越して行ったのですが、高塔山登り口からすでに大渋...

「エコの風」vol.9

 青天の5月23日(土) 毎年恒例の「エコタウン親睦ソフトボール大会」が行われました。全11チームの選手と応援の方が多く集まり、香月中央運動場が賑わっていました。 エコタウンセンターは、今回初めての参加で、私たちは応援団として伺いました。実際に試合観戦すると想像と違い熱い戦いが繰り広げられていました。選手はこの日のため仕事の合間を縫って練習を重ねてきたんだなぁと思いました。 試合は5回まで、または開始から40分間で終了というルールで行われていましたが、短い時間でもクリーンヒッ...

「エコの風」vol.8

−−今回はエコタウンセンターではない部署で勤務している同僚スタッフよる番外編です−− こんにちは。わたしは先日、社内研修のため恥ずかしながら初めてエコタウンへ見学に行きました。 エコタウンセンターに着くと、まず施設に興味を惹かれました。壁面緑化や池の周囲に敷かれたウッドチップ(廃建材)、建物の空調や壁材・壁紙まで、環境に配慮した技術やリサイクル製品などで作られているそうです。 センターのスタッフに案内されて、中に入れば関連企業のパネルや展示品が見やすく紹介されています。エコタ...

「エコの風」vol.7

 『アイスプラント』ご存知ですか? 最近はテレビでも取り上げられ、野菜売り場でも見かけるようになりましたね。葉っぱや茎の表面に水滴のような液胞が無数にある、不思議な見た目の植物です。ヨーロッパ・アフリカ・西アジア原産で、乾燥に強く耐塩性がとても高い多肉植物で、植物の耐塩性研究ではモデル生物として注目されているそうです。 私たちの関心はもっぱら「野菜」としてのアイスプラントですが、食いしん坊なエコタウンセンターでも『塩味がして美味しいらしい』とか、『プチプチした食感が面白い』な...

「エコの風」vol.6

 新年度がスタートして早10日。今年度初めての見学者の方は、またもや海外からのお客様でした。その他、多方面から新入社員や新入生の皆様が続々と研修にお越しです。 エコタウンセンターでもスタッフ数名が入れ替わり、新生エコタウンセンターといったところでしょうか?フレッシュな感じです(^◇^) 新年度と言えば歓迎会や花見を連想します(^v^)今年は花見の時期が長く、桜のある風景を満喫した方も多いのでは? センター敷地内でも先週「桜」が満開でした。ミニエコパークの芝生も青々として気持ち...

「エコの風」vol.5

この緑色のボックスを見たことがありますか?TV取材の様子 これは、昨年9月から北九州市内60箇所に設置されている『リサイクルボックス』です。用途は、カメラやゲーム機・携帯電話など小型の電子機器を入れ回収するためのものです。 先日「小型電子機器回収の実証実験」のモデル校記念品贈呈式と回収品の処理状況報告がありました。TVニュースでも紹介されていたのでご存知の方もいるかもしれませんね^^ 北九州市では家庭で使われている小型電子機器に埋蔵されている「レアメタル」を効率的に回収しよう...

「エコの風」vol.4

「食品ごみ」から作ったガソリン  先日 “食品ごみ”から作ったバイオエタノール混合ガソリン(E3ガソリン)を使った走行実験が始まり、その給油式に行ってきました。新設された給油所 E3ガソリンとは、「揮発油等の品質の確保に関する法律」により定められたエタノールを3%以下混合したガソリンです。ここでガソリンとエタノールを混合します さとうきびや木質、セルロース系を使ったエタノールの製造は沖縄県宮古島市・大阪府堺市なども行っていますが、食品廃棄物いわゆる『家庭やスーパーから出た生ご...

「エコの風」vol.3

風車 ひびき灘の海岸には、高さ約100メートルの風車が10基並んでいます。風の強い日にはビュンビュンと回り、年間約1万世帯分の電力を発電しています。そんな風車ですが、ここ数週間、どんなに風が強い日でも回っていないのが1基ありました。見上げるスタッフ 「故障かな〜?」と思っていたある日、そこに大きなクレーン車が来ていました。これはきっと部品交換だ!と思い、日取りを聞こうと電話したところ「今から作業するんですよ」とのお返事。なかなかあの巨大な羽を下ろす瞬間には立ち会えません。これ...

「エコの風」vol.2

センターの雪景色(ピンボケしてます)初積雪雪が降るのは年に数回、雪だるまを作ったのは遠い記憶・・・というぐらい北九州、特に若松はなかなか雪が積もりません。が、1月24日土曜、久しぶりの積雪です!午後から降り始めた雪で、夕方にはエコタウンセンターの庭や道路がめったに見ることが出来ない雪景色に変わり、とてもキレイでした。雪だるま作ってみました北九州エコタウンには、たくさんの海外からの見学者が訪れます。雪が降らない国からの海外研修生に見せてあげたいなぁと思う1日でした。【M・Y】...

「エコの風」vol.1

 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。エコタウンセンターでは1月7日、今年初めての見学者をお迎えしました。  例年、1月最初の見学者は海外からのお客様ですが、特に今年は1週目のすべての見学者が韓国・中国からのお客様でした。年末に見学予定表を見ながら、『外国の方達って年末年始は関係ないんだねえ・・・・』という会話をするのが恒例になっています。  韓国も中国も旧暦でお正月を祝います。韓国の高校生によると、12月終わりから2月中旬までは長い休みの期間だそうです。西暦の1...

最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2017 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.