ひびき灘開発株式会社

エコタウンセンターだより『エコの風』

エコタウンセンターだより『エコの風』

「エコの風」vol.14

別館に開設された展示コーナー入口
『北九州次世代エネルギーパーク』 オープン
オープン式典の北橋市長
 7月27日(月)、エコタウンセンターにおいて『北九州次世代エネルギーパーク』のオープン式典が開催されました。次世代エネルギーパークはエネルギー、特に太陽光発電や風力発電などの新エネルギーについてより深く理解して頂くために、全国で13地域が経済産業省から承認を受けて展示施設などを設けます。北九州市は響灘地区を中心に新エネルギーだけでなく、多様なエネルギー関連施設が集積しています。そのような例は他にはないので選定されました。
テープカットの様子
 式典には北橋北九州市長をはじめ、地元の自治会の皆さんやエネルギーパークの関連企業の皆さんが出席してくださいました。この日オープンした次世代エネルギーパークの展示ホールの第一号のお客様はこどもエコクラブの皆さんで、『みんなが笑顔で過ごせる未来のために、まず自分にできることからチャレンジしたい』という力強い未来宣言をしました。
 その後、初の見学ツアーも行われ、こどもエコクラブの子供達や来賓の皆さんが出発していきました。このツアーに使われたバスは、北九州内の家庭から排出された使用済みの食用油をエコタウンでリサイクルして作ったバイオディーゼル燃料100%で走っています。
 軽油に比べると二酸化炭素を20%削減、酸性雨の原因になる硫黄酸化物の排出はゼロという、環境にやさしい燃料です。排気ガスは“てんぷらを揚げているような”においがします。現在、北九州市営バスの路線バスとして3台が活躍中です。
 エコタウンセンター別館の展示ホールは月曜日から土曜日の9時から17時まで自由に見学できます。見学ツアーは月曜日と水曜日に行います。9月まではエネルギー施設8社をバスで巡り、車窓から見学するコースです。10月からは個別の施設をじっくり見学するコースも始まる予定です。
 特に、8月と9月はバイオディーゼル燃料のバスで見学することが可能です。バイオディーゼルバスを体験してみるチャンスです。2ヵ月限定ですので、ぜひこの機会をご利用ください。見学のお申込みやお問い合わせはエコタウンセンターでお受けしています。
 次世代エネルギーパークについては、当ホームページの「エリアインフォメーション」にも詳しい情報があります。【Y・M】

最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2018 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.