ひびき灘開発株式会社

エコタウンセンターだより『エコの風』

エコタウンセンターだより『エコの風』

「エコの風」vol.33

北九州エコハウス オープン!

 北九州市八幡東田エリアは北九州市が取り組む「環境モデル都市」を目指すリーディングプロジェクトの一つとなっています。そのエリアに4月21日、環境ミュージアムに併設して「北九州エコハウス」がオープンしました。“地球にやさしい”をコンセプトにCO2の排出量を抑えた住宅です。私達も早速見学に行ってきました。
 その日は夕方近くに訪れたにも関わらず、すでに何組か見学者がいて、私達が見学している間にも見学に来られる方がいらっしゃいました。こんなところでも市民の環境意識の高さが伺えます。
 この「エコハウス」ですが、大きな特徴は3つです。
 ?環境基本性能の確保。断熱効果のある壁を利用したり、通気性を良くする風が通る道を作ってあげたりと必要最低限のエネルギーで快適に暮らすことができる住宅です。
 ?自然再生可能エネルギー活用。太陽光パネルの利用や太陽熱・水・地中熱など北九州市にあった自然エネルギーを取り入れ活用しています。
 ?エコライフスタイルと住まい方を提案。長期利用を考え、ライフサイクルに合わせた生活をする家。例えば、子どもの成長に合わせて利用する家具を変化させたり、住宅カルテをつけて長く利用してもらうための提案もしています。
などなど、これからの生活を考えた21世紀型環境共生住宅それがエコハウスです。
 住宅の素材には、アメリカのNASAで利用されている断熱シートなど最新の技術から生み出されたものや、TVアニメ「サザエさん」の縁側のような古き良き日本を再現したもの、また地元で開発されものも多く使われ、技術や人材の地産地消も行われています。
 エコハウスの紹介をしていただいた環境ミュージアムの館長さんは単なるモデル住宅としてのご案内ではなく、省エネルギー対策を普段の生活の中で見て感じることができ、そして環境学習の場所としても利用いただけるそんな提案を心がけて行きたいととおっしゃられていました。

 北九州市内の様々な場所で行われている低炭素社会を目指した取り組み。まず、皆さんに興味を持っていただき、自分も参加したくなるような環境活動の提案が必要だと改めて感じ、エコタウンセンターでもリサイクルのご協力や省エネ活動を後押し出来るようなご案内を心がけていこうと決意も新たに平成22年度も頑張っていこうと思いました。【N・K】

最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2018 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.