ひびき灘開発株式会社

エコタウンセンターだより『エコの風』

エコタウンセンターだより『エコの風』

「エコの風」vol.37

 こんにちは。ただいま「エコタウンセンター」は小学生の見学でワイワイガヤガヤと賑わっています。 未来の環境モデル都市北九州を担う小学生4年生の「環境体験科」授業です。
 今回はそんな4年生がエコタウン見学でどんな疑問を持つのか、素朴な質問の声を特集してみたいと思います。

 何といっても子どもはわかりやすい「数字」好きですね。
「エコタウンでは何人の人が働いているのですか?」からはじまり「エコタウンには何台の機械がありますか??」
「テレビはいくつの部品からできていますか???」
そしてなぜか私たちに「何歳ですか??」という質問も。
 実際に見ると迫力のある風車に関する質問も多いです。
「風車は1機いくらですか?」(やっぱり子どもも気になりますよね)
「風車はどれくらいの速さで回っているのですか??」(風速ではなく回転の速さ!?)かわいい質問で意外と多いのが「風車で風を起こしてどうするんですか???」
風車=巨大な扇風機をイメージなんですね。そのイメージを壊したくない気もしますね。
 かと思うと「風はどうやって起こるのですか?」
自然エネルギーつながりで「太陽はどうやってできたんですか?」CO2削減関連で「二酸化炭素のほかに空気には何がありますか?」
などなど素朴な疑問だけに意外と深い質問もあります。

 また「工場の人たちは毎日どんな気持ちで働いていますか?」「工場の作業で失敗してしまうことはありますか」
という質問も…。今度工場にインタビューに行かねば!と思いました。

 そんな子どもたちの質問に丁寧にかつ切り返しを交えて日々回答しております。どんな回答をするのか気になる方は是非お子さんを連れて夏休みの見学お待ちしております(^^)【S・Y】

最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2018 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.