ひびき灘開発株式会社

エコタウンセンターだより『エコの風』

エコタウンセンターだより『エコの風』

「エコの風」vol.56

 みなさんこんにちは。
 先日、リーガロイヤル小倉で「北九州環境産業推進会議」がありエコタウンセンターからもお手伝いに行ってきました。

 北九州市の環境産業に携わる企業が一同に会したこの会議は「環境と経済」の両立を目指した、低炭素社会を実現するために昨年2月発足されました。
 現在は「環境ビジネス部会」「産業エネルギー部会」「新エコタウン部会」「環境経営部会」の4部会が中心となり、市内企業同士の連携の強化や、新たな環境産業の創出、また、部会毎、勉強会を実施等、様々な取り組みが行われています。今会議では各部会の1年間の活動報告と、基調講演、パネルディスカッションなどが行われました。
 私たちがお手伝いしたのは、会場に来られた方々を順番に席にご案内する、というものです。ホテルの一番広い会場に360人の席が準備されていました。大きな会議になるとどうしても前の方のお席が空いてしまうので、来られた方を順序良くご案内しなければなりません。少し手間取ったところもありましたが、概ね順調に進み、会議が始まるころには準備したお席はほぼ満席。企業の方々の関心の高さが伺えます。

 基調講演では、地元株式会社安川電機の小笠原浩氏から「環境産業の確立に向けて」と題し、エネルギーの観点から、現在の世の中の動きや、将来的な動向など、安川電機さんの取り組みを交え講義が行われました。

 パネルディスカッションでは、新たに加わった金融部会の代表者も参加し、今後の環境産業の在り方などについて、それぞれの立場から意見が出され、熱い議論が展開されていました。
 会議後は参加者同士の懇親会も準備されていました。
場所を移動して行われた懇親会では、会場の中心にパネルや商品が並べられ、その横には企業の担当者がいて、興味のある商品の説明をすぐ聞くことができます。また、壇上では企業の商品紹介も行われていました。もちろん会場にはお料理やお酒も準備され、ビールや料理を手に、思い思い、いろいろな場所で会話が盛り上がっているようでした。

 そんな中、私たちの心を捉えたのがスウィーツです♪「第3回あなたが選ぶスウィーツフェスティバル」受賞3作品が用意されていました♪♪♪
仕事のこともそっちのけ、もちろん3作品は食べ比べです。どれもすばらしく美味しかったのですが、私の中の1番はあのスウィーツです。
皆さんの好みは、3つのうちどれでしょう。ぜひお確かめくださいね。
 最後に「行政の役割は企業同士の橋渡し役」と今回会議を担当されていた方がおっしゃられていました。趣向を凝らした今回の会議は企業同士の結びつきを強めることに一役買ったのではないでしょうか。

 北九州市は環境産業に対する取り組みにおいて日本のトップランナーです。時代の流れを捉え、新しい取り組みに積極的に挑戦する企業の方々の姿に、私も北九州市の明るい未来を見ることができました。この会議をきっかけに、将来新しい環境ビジネスが北九州市から生まれているかもしれませんね。【N・K】

最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2018 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.