ひびき灘開発株式会社

エコタウンセンターだより『エコの風』

エコタウンセンターだより『エコの風』

「エコの風」vol.76

あけましておめでとうございます。
みなさん、楽しい年末年始を過ごされましたでしょうか(*^^*)

今回のテーマは、去年になってしまいましたが、12月18日(日)に行われた『平成23年度環境首都検定』!

検定第4回目の今年度は、公式テキストが改訂され特集など新しい内容もたくさん!ということで、初めて受験する私は、マイ・テキストを用意しての挑戦です。

100点とるぞ!と意気込んで迎えた当日。
9時前にはすでにたくさんの受験者が集まり、開場を待っていました。9時40分着席、試験は10時開始なのにびっくりです!
さらに、会場に入ると想像以上の広い会場に、たくさんの机と椅子・・・昨年度の1058人のより多いだろうと思っていましたが、こんなにたくさんの人が受験するんだ!と改めて驚きました。実際、今年度は1800人を超える受験者だったそうです。
多くの人たちの環境への関心が高まっているということを体感できる光景でした。
ただ、やはり検定問題は一筋縄ではいきません。会場を出て配布されている解答を見ると、すぐに間違いを発見して悲しくなった11時ごろでした。

検定というとついつい点数や合否が気になってしまいますが、検定を終えて、強く感じることがあります。それは、環境首都検定の始まりの時に今永局長のお話にあったことば「受けることに意味がある」。
そのことばの通り、検定を受けることやに検定に向けて勉強をすることは、まだまだ知らなかった北九州市の魅力など新しい発見に出会うよい機会になりました。普段の生活だけでなく、今後みなさまをご案内する際にも活かしていける、素敵な学びです。
今年度の検定は終わってしまいましたが、読むだけで北九州市のことをたくさん学べる環境首都検定公式テキストです。エコタウンセンターにも閲覧用がありますので、ご来館の際はぜひ、手に取ってみて下さいね♪【T・Y】


最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2018 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.