ひびき灘開発株式会社

エコタウンセンターだより『エコの風』

エコタウンセンターだより『エコの風』

「エコの風」vol.83

この若松区響灘にどんなエネルギー施設があるかご存知ですか?
石油、石炭、天然ガス、再生可能エネルギー、バイオマスエネルギー、石炭ガス化発電、廃棄物発電・・・など多くのエネルギー施設が集積しています。
これだけ多くのエネルギー施設がひと地域に集積していることは全国でもまれです。

現在エネルギーパークでは車窓より8つのエネルギー施設を見てまわることの出来る車窓コースがあります。一度に様々なタイプのエネルギー施設が見学できます。

先日次世代エネルギーパーク参加企業さんの看板が設置されました☆
各施設を簡単にご紹介致します^^


九州山口油脂事業協同組合

使用後の天ぷら油から燃料(BDF)を製造しています。BDFは現在一部市営バスやごみ収集車で使用されています。捨てずに回収することでエネルギーになりCO2削減や化石燃料使用量低減につながります。スーパー等に回収ボックスが置いてありますので、ぜひ回収にご協力をよろしくお願いします。


北九州エコエナジー?
ごみ発電を行っている施設です。リサイクル工場で発生した残渣を回収して燃えるものは発電に(最大出力14,000kw)、燃えないものは再資源化しています(スラグ・メタル製造)。電力は各リサイクル工場へ供給されており、電力の企業間連携が行われています。

日本コークス工業?
石炭からコークスを製造している工場です。平成18年からはCDQという設備でコークス製造過程で発生した熱量を回収して発電に利用しています。また副産物として出るコークス炉ガスは対岸の新日鉄さんへパイプラインを使って供給し、エネルギーの企業間連携も実現しています。

次世代エネルギーパーク全体概要
このパネルは白島展示館の展望室内に設置させて頂きました。エネルギーパークとして認定されている施設をご紹介したもので、全部で11ものエネルギー施設があります!展望室から白島石油備蓄基地や風力発電、各エネルギー施設を見ることができます。

多くのエネルギー施設を見学することで、私たちの普段の生活を見直すための新たな発見があるかもしれません。
まだご見学がお済みでない方はぜひこの機会に見学にお越し下さい♪【Y・K】

最近の記事

年間アーカイブ

Copyright (C) 2002-2018 HIBIKINADA DEVELOPMENT CO.,LTD. All rights reserved.